どうしようもないときには自己破産をしましょう

自己破産という選択について

自己破産を恥ずかしいと思う人は多いでしょう。その認識は決して間違っていないのですが、それでもやってみる価値はあるでしょう。つまりは、どうしても債務が返済しきれないのであればそれも選択肢に入れるべきでしょう。制度としてあるわけですから、少なからず社会が許容しようという意識はあるのです。そうした社会設計がされているわけですから、利用できるならばしてしまうのも手でしょう。新しく人生をやり直すためには大事です。

任意整理という選択も

何もいきなり自己破産、ということを固める必要性もないです。任意整理をすることができることもありますから、よくよく認識しておきましょう。そうしたことは司法書士とか弁護士に相談をする、ということが賢明でしょう。個人で出来るようなことではありませんから、あくまでしっかりと相談をするのがベストになります。お金がかかることではあるのですが、それでも新しくやり直すことができるのであればその費用を支払う価値はあります。

必ず許可されるとは限らない

当然ですが無条件で出来るわけではないですし、場合によっては不受理になることもあります。例えば投機の借金とかギャンブルは駄目、ということになっています。買い物依存関係も駄目ではあるのですが、これはどうにかできることがありますから、よくよく相談してみるとよいでしょう。言うまでもありませんが、とにかくまずは弁護士です。弁護士事務所にいくようにしましょう。自己破産をすることのデメリットもありますから、それをよく聞くことです。

自己破産とは、借金を返済できなくなった人が一定以上の財産を手放すことで、それまでの借金の返済を免れることができる法的な制度です。生活を再建でき、新たなスタートをきることができます。